滝川市栄町の歯科、矯正歯科、小児歯科、ホワイトニング、塚本歯科医院

審美歯科

審美歯科は、虫歯や歯周病のような歯の病気を治すことが目的ではなく、歯の美しさに着目した歯科治療のことです。
金属を使用しない、オールセラミックなどの詰め物や被せ物が、自然な白さの歯にします。このことが、時に口元のコンプレックスを取り除くことにもつながり、お一人おひとりの自信にもつながることがあります。

日本の保険制度は、国民全員が等しく医療を受けることができる世界的に見ても優れた制度ですが、保険適用の歯科治療は「最低限の治療を受けられるように」といったものであるため、使われる材料や治療方法は数十年前から大きく変わっていません。

「自分の歯と見分けがつかないくらい自然な歯にしたい」「すきっ歯をととのえたい」「銀歯をなるべく自然な白い歯にしたい」などという「美しさ」を追求する審美歯科治療は、保険適用外となり、全額自己負担の治療です。以下は、保険適用の治療と、保険適用外の治療の違いの一例です。

レジン(プラスチック)は、その材質の性質として、食事をするたびに水分を吸収してしまうため、時間の経過によって、黄ばんできたり、劣化してしまいます。
銀歯(金属)はどうしても見た目が目立ってしまうことと、やはり金属(合金)であるため、口内という劣悪な環境の中でイオン化・溶出し、体内に取り込まれていきますので、人によっては金属アレルギーなどになる場合もあります。

セラミック(瀬戸物の様な材質)、は自然な白さで、非常に美しい仕上がりが期待でき、劣化もしないという特徴があります。

審美歯科治療では、美しさを追求するあまり、歯周病治療を軽視されてしまうケースも少なくないように思います。
歯周病は「歯の土台となる歯槽骨」がとかされてしまう(骨吸収)病気で、最終的には歯が抜けてしまいます。また、歯肉が赤く腫れたり、歯並びも崩壊したり、審美面が悪くなってしまいます。この歯周病のままで、白いセラミックなどの詰め物や被せ物をしても、せっかくの治療も数年後には台無しになってしまうかもしれません。歯周病のままで、その場限りの詰め物や被せ物をしても、土台となっている歯ごと抜け落ちてしまう運命になるリスクは残ってしまいます。歯だけがキレイで、歯肉は病気ということでは決して良いとは言えないのです。
当院では、歯周病の治療を「初期治療」として徹底し、「本当の意味で“健康的”&“機能的”な美しいお口」を目指すことを第一としております。

歯の形は人それぞれです。その人そのひとに合った歯の形にしなければ不自然な印象を与えてしまいます。

ただ単に白い歯にしても、新しく入れた歯だけが真っ白では、奇妙な見た目になってしまいます。
他の天然歯と調和のとれた自然な色であることが大切です。

歯の形や色だけでなく、歯の配列も自然なものにする必要があります。

見た目の美しさを考え、追求するのが審美歯科ですが、それだけにこだわるのでは治療とは言えません。
当院では、ただ単に見た目の美しさだけではなく、「機能性」を重要視した治療を行っています。審美歯科においては、治療後に、「咬み合わせ」が狂い、あごの疲れや肩こり、腰痛、頭痛などが出てしまっては、元も子もありません。
しっかりと咬み合わせまで考えた、機能性を追求した審美歯科治療を行わなければならないのです。

審美歯科治療で利用する詰め物や被せ物には、様々な種類の素材があり、その一つひとつにおいて、特性が異なります。一言に「白い歯」と言っても、「オールセラミック」、「ハイブリッドセラミック」、「メタルボンド」など、多種多様です。
また、金属アレルギーの有無も考慮に入れながら、お一人おひとりに最適な素材を選択し、ご提案させていただきます。「機能性」や「長期安定性」のことも考え、素材自体の特性を考慮しながら、最適と思われるご提案をさせていただきます。

歯科治療で使用される金属にはさまざまなものがあります。水銀が含まれる「アマルガム」、「金銀パラジウム合金」、「銀合金」などが代表的とも言えます。

金属は長い年月の間に、「溶出・イオン化」し、体内に取り込まれていきます。これが金蔵アレルギーの原因となることもあり、近年、さまざまな体調不良にお悩みの方も増えてきて、話題に上ることも多くなってきました。

当院では、被せ物をするための土台となる「コア」から被せ物に至るまで、歯科金属を使用しない「メタルフリー治療」にも対応しております。

セットした被せものの内側に金属が使われていると、治療後に月日の流れとともに歯ぐきのラインが下がり、金属部分が露出して見えるものです。

メタルタトゥーとは、クラウン(差し歯)やブリッジなどの補綴物やメタルコアなどの金属が錆びて溶け出して歯肉に沈着し、歯茎が黒く変色してしまうものです。メタルタトゥーは「金属の刺青(いれずみ)」とも言われているように、多くの場合歯肉の奥深くまで金属イオンが浸透しているため簡単に取れないことが多く、外科的にメスなどで切り取る手術が必要になります。メタルタトゥーを防ぐには、セラミックやファイバーコアなどを用いることによって、一切の金属を使用しないことが必要です。

「ハイブリッドセラミック直接充填」という、セラミックとプラスチックを混ぜたペースト状の素材で、固まると白い詰め物になるというものを、虫歯を削った穴に直接盛り込み、固まったら形を整え、「一日で終わる治療」である“グラディアダイレクト”も採用しています。保険適用のレジンとは違い、保険適用外となりますが、強度も変色に対しても優れた素材です。
インレー(詰め物)による治療では、詰め物が外れない様に、しっかりとはまるように、虫歯でない所も大きく削らなければなりませんが、充填治療では、歯を削る量も最小限で済むという、大きなメリットがあります。

グラディアダイレクトでのダイレクトボンディング法では、オペーカスデンチン、デンチン、エナメル、トランスルーセントといった透明性のある、異なるペーストを直接歯に重ねて盛っていく方法で、天然歯のような自然観あふれる美しさの再現を可能にしています。
また、被せ物などの装着に比べ、歯を削る量が少なく、来院したその日のうちに修復が完了します。

セラミックとプラスチックを混ぜた素材で、型を採った後に歯科技工士が製作します。色調、強度ともに優れており、粘り気とすり減り具合が適度なため、噛み合う歯に対して優しい素材です。金属アレルギーの心配もありません。

全てセラミックのため、審美性に優れています。また、変色もしませんし、摩耗もしにくく、汚れが付きにくい素材です。
金属アレルギーの心配もありません。

セラミックとプラスチックの混合物。被せ物の裏側は金属となります。プラスチックの性質も有しているので変色の可能性は有ります。審美性はオールセラミックより劣ります。

素材は全てセラミックだけで出来ており、非常に審美性に優れています。昔は固いため割れやすく、奥歯には適さないといわれていましたが、現在は素材の改良と進歩で、奥歯でも問題なく使用できます。金属アレルギーの心配もありません。

ジルコニアクラウンはジルコニアと呼ばれる人工ダイヤモンドにほぼ似た成分で出来ており、見た目の美しさだけではなく、強度も兼ね備えております。もちろん金属を使用していないため、歯茎の変色や金属アレルギーの心配もございません。奥歯やブリッジに使用することも可能です。

美しくきれいな白い歯になりたい方、ご自身の歯を長持ちさせたい方に適しています。硬い金属のコアと比較すると、適度な「しなり」により、歯根破折(歯の根っこが割れてしまう)のリスクを減らすことができます。

また、オールセラミッククラウンなどと組み合わせて使用すると、透明感が出て、より美しい歯に仕上がります。そのうえ金属ではないので、金属アレルギーの心配もありません。

※ファイバーコアは保険適用ですが、歯質がある程度残っていないと使えません。

保険治療で使われる、銀合金でできたコアですが、金属が歯よりも硬いため、強い力がかかると歯が割れるリスクがあります。また、差し歯の歯肉の部分が黒ずんでいる人を見かけることがありますが、金属イオンが溶け出してしみ出しているからです。

〒073-0031 北海道滝川市栄町4丁目4-22

月~土  午前 8:30~12:00
月火木金 午後 13:30~19:00
水    午後 13:30~17:00

スマートフォンサイトへ