滝川市栄町の歯科、矯正歯科、小児歯科、ホワイトニング、塚本歯科医院

小児歯科

当院では、お子様の健康を守るために、お口の中の病気の診断や虫歯治療の方針を立てて、歯の生えはじめから、ほとんど大人の歯に生えかわるまでのお口の中の健康管理をします。

乳歯は丈夫な永久歯が生える準備をする大切な歯です
乳歯で噛む事によって顎の骨の成長や知能の発達正常な噛み合わせが促進されます
乳歯は平均12歳ですべて永久歯に生え変わります
子供の頃は自分で上手く歯ブラシできませんので、大人が歯ブラシをしてあげましょう
そのためには、お母さんも予防の知識をしっかり持ちましょう
ホームケアだけではなく、歯科医院での適切な予防処置・定期検診がとても大切です

※虫歯の予防やブラッシング指導に力を入れています。お子様の正しい成長発育のために、歯列矯正も行います。

お子様にとって、歯科医院は初めてで、不安で、全てが未知数のものです。大人の治療とは違ったスタンスが必要になってきます。まずは何よりも、「歯医者さんになれてもらいたい」という気持ちで接させていただいています。

子供のころ、歯医者で嫌な思いをしてしまうと、大人になっても忘れられないトラウマになってしまう場合もあり、ずっと歯医者嫌いになることもあります。

「本当は小児歯科は苦手だけど、来たからしかたなくやっている」というような姿勢の先生に、「子供なんだから仕方ないですよ」と一言の元に片づけられてしまうと、本当に嫌な気持ちになってしまいます。当院では、様々な観点から、お子様に歯医者さんが嫌なところにならないよう、全力で取り組んでいます。

当院では、初診時から、いきなり治療を始めることはしません。(緊急の場合を除き)まずは、きちんとお子様とお話しさせていただき、診療台に座ったり、歯医者にある医療器具に慣れてもらうことから始めます。
マスクをしていて顔も見えない恐いおじさんがやってきて、恐ろしい器具で、「キーン」と音をたてながら、なんの心の準備もないままに、お口の中に、ものすごく痛いことをされたら、「歯医者さんは嫌だ!」と思うに決まっています。多くのお子様が、歯医者嫌いになってしまうのも、何も不自然なことではないのです。これがトラウマとなると、大きくなっても歯医者にはいかなくなってしまい、結果として、お口から不健康になっていってしまうことも十分にありえるのです。ですから、この「初診時」が非常に大切になってくるのです。

当院では「どうせちいさいから説明してもわからないだろう」とは考えません。どんなに小さなお子様でも、人なのですから、当然、説明を聞く権利があると考えています。例え全ての理解ができなくても、当院では、治療の内容をわかりやすくご説明させていただきます。
この時、治療をスムーズにするためでも、絶対にお子様に対して嘘はつきません。本当のことを丁寧にご説明させていただきます。お子様は、「わからないようで、わかっている」のです。それは、頭で理解できることという部分だけでなく、「感じ取る部分」も含めてなんだと考えています。
しっかりしたご説明を、毎回繰り返していくうちに、少しずつ治療に慣れていってくれるものなのです。

お母様(お父様)も一緒に治療の現場に参加ということには、実は大切な意味があると考えています。
当院では、お母様(お父様)に、診療チェアのところまで付き添っていただけるようにさせていただいております。このことで、お子様は、「いきなり知らない人に自分を渡されてしまった」というシチュエーションにならないため、お母様(お父様)がそばにいてくれるという安心感の中で治療を受けることができます。
また、お母様(お父様)の歯科に対する知識も同時につけていくことができます。たとえば、乳歯が永久歯に対してどのように影響をあたえていくのか。将来の歯並びに、今のお口の状態がどのように影響していくのか。今後、どのようなことに注意していけば、お子様のお口の健康をまもっていけるのか。など、たくさんあります。
お子様が立派に成長されるまでの間は、お母様(お父様)にしかしてあげられないことがあるのです。

お子様に対して、正しいハミガキが習慣になるよう、ご指導させていただきます。
ポイントは3つあります。

①歯と歯の間
②歯と歯茎の境目
③歯の溝

「TBI(ハミガキ指導)」では、①と②から発生する虫歯を防ぐための指導となります。

③の歯の溝は、ハミガキだけではキレイになりずらいため、虫歯になってしまいがちな場所です。
この溝をプラスチックのようなもので、あらかじめ埋めることで、汚れが溜まらないようにして、虫歯を予防する方法が「シーラント填塞」です。乳歯から永久歯に生え替わったタイミングで治療すると効果的です。

「フッ素」とは、歯質を強化する性質の物質です。乳歯や生え替わったばかりの永久歯は非常に弱く虫歯になりやすいのですが、フッ素の塗布により、大人の歯と同じくらいの強さにできます。

子供の歯から大人の歯に生え替わり時期には、ちょっとしたことで歯並びが悪くなってしまうことがあります。異変を早期発見して対応すると、ワイヤーを使った大人と同じ矯正治療をせずに、歯並びを改善することができます。このことを「咬合誘導」と言います。

咬合誘導では、抜歯したり、ワイヤーを使って歯を動かしたりといったことはありません。

〒073-0031 北海道滝川市栄町4丁目4-22

月~土  午前 8:30~12:00
月火木金 午後 13:30~19:00
水    午後 13:30~17:00

スマートフォンサイトへ