滝川市栄町の歯科、矯正歯科、小児歯科、ホワイトニング、塚本歯科医院

滅菌・消毒

滅菌・消毒について

皆さんは滅菌・消毒が当たり前のようになされていると思っていませんか?実は100%の滅菌状態にすることはとても難しい事です。歯科医院において滅菌・消毒を十分に行っていないということは、例えるならレストランで前のお客さんの使ったお皿やお箸をそのまま使うようなもので、前の患者様のむし歯菌・歯周病菌、さらに全身の病気まで感染する恐れがあります。

当院では安心安全な治療を受けていただくために、ジェットウォッシャー・オートクレーブとガス滅菌器を使い、全ての器具を滅菌・消毒し、滅菌パックに封入し、使用する直前に開封しています。また、紙エプロン、紙コップ、手袋等は1回限りの使い捨てのディスポーザブルタイプを採用しています。消毒は人に対して有毒な菌のみを除去することですが、滅菌は生きているすべての微生物を殺菌または除去することです。それには多大な労力と経費が必要です。しかし、私たちは医療従事者として一番大切なことをないがしろにするわけにはいきません。全ては、皆様が素敵な口元で笑い、そして美味しく食事がとれるように願い、豊かに快く暮らすお手伝いをするため開院以来、治療技術の向上と滅菌・消毒にこだわっております。

洗浄から消毒を行います。80~90℃の熱水を使用し、強力な水流の中で洗浄することにより消毒効果が得られます。手で洗浄すると手袋をしていても鋭利な機材による刺傷・切傷により感染の恐れが高まるため機器を利用する方が安全です。

ハイパワーウォッシャーで消毒した後このオートクレーブで134℃まで温度を上げ、タービンはもちろん治療で使用するほとんどの器材・材料を滅菌します。あらゆるウイルス(B型肝炎、C型肝炎等)の滅菌もできます。高純度の水質を維持する水処理装置・空気除菌フィルターを備えています。

低温(20~30℃)の中でホルマリンガスを利用し滅菌します。特に高温にできない器具を滅菌する際に使用します。あらゆるウイルス(B型肝炎、C型肝炎等)の滅菌もできます。当院では、13年前よりタービンの滅菌にも使用しています。

お口の中のバキュームだけでは水・唾液・血液・細菌は取りきれず口の外へかなり飛散しているのが現状です。口の外へ出た唾液・血液・細菌は感染に繋がるので飛散しないよう口外バキュームで吸い取る必要があります。少々音が大きく驚かれることがあるかもしれませんが、安全・安心のためですのでご理解をお願い致します。

患者様一人に医者一組、衛生士一組使用します。使用後は、写真のように感染症廃棄物として捨てます。

治療直前に、必要なものを並べます。紙コップ、エプロン、トレーシートは全て使い捨てです。治療器具も全て滅菌パック(青いシート)に入れ保管し、治療する直前に開封します。

スリッパも一人1回使用後はクリーニングに出します。

一人の患者様の治療が終わるたびにスタッフがチェアー等を消毒液で拭きます。

治療で触れる所はほとんど袋やシールを張り、患者様一人一人交換します。

〒073-0031 北海道滝川市栄町4丁目4-22

月火木金 8:30~18:30/水 8:30~16:30
土 8:30~11:30(日祝休) 休憩11:30~13:30

スマートフォンサイトへ