滝川市栄町の歯科、矯正歯科、小児歯科、ホワイトニング、塚本歯科医院

歯周病治療

歯周病の進行度は、歯肉を見ただけでは判断できないので、歯槽骨の破壊状態をX線写真で確認します。X線写真は歯周病の診断・治療計画の立案、さらに、今後の治療結果の評価などにも活用します。

滅菌について

全ての治療に使う器具、例えば歯を削るタービンという器具を完全に滅菌しなければ、歯周病を病院内で感染させてしまうことになります。
これではいくら治療しても歯周病は治りません。タービンの滅菌を行っているのは、日本中の歯医科医院の3割位だそうですが、当院では10年以上前から、タービン他全ての器具を滅菌しております。

滅菌・消毒について

歯周病の進行状態を評価するうえで欠かせないのが、歯周ポケットの診査で、「プロービング」によって行われます。プロービングによって、「歯周ポケットの深さ」とプロービング時の「出血の有無」を調べることで、「炎症の存在」と「歯周病の進行程度」が分かります。X線写真だけでは把握できない頬舌側の歯槽骨吸収などの状態をプローブで探って判断します。
検査の目的は以下となります。

「プラークコントロール」とは、歯周病の原因となる歯垢(プラーク/細菌のかたまり)を作らせない、または留まらせないことです。歯科医院で定期的に歯垢や歯石の除去などを受けていても、原因であるプラークが出来やすいお口のままでは再発を繰り返してしまいます。プラークコントロールは歯ブラシだけで行うことは難しく、歯ブラシ以外のアイテムを使用することや、食生活に注意することなども必要です。

歯周病治療は、歯科医師・歯科衛生士の力だけでは全てを解決することは出来ません。ご自身による、日常ケアが重要です。
歯科衛生士より、それぞれの患者様のお口の状態にあった、1本1本の歯をしっかりと磨ける方法を指導させていただきます。まずは正しい歯磨きの方法を学んでいただきます。

歯科医院にて、着色、プラーク、歯石などを落として汚れが再びつきにくい環境にしたり、フッ素塗布によって歯質を強化したりします。歯を丁寧に磨いているつもりでも、プロによるクリーニングを受けなければ、除去できない部分があります。 お口の健康を保つためには、1ヵ月~3ヵ月に1回メンテナンスを受けられることをお勧めしております。

「スケーリング」とは、「歯肉縁上」の歯石や汚れを、「超音波スケーラー」などで器械的に除去することです。
歯石は、軽石のようにたくさんの穴がある構造のため、汚れが停滞しやすく、歯周病菌増殖の温床となるため、除去が必要です。「歯肉縁上」とは、歯茎から上部分を指します。ここに付着した歯石は、主に超音波スケーラーを用いて、振動と水流で歯石や汚れを落とす「スケーリング」を行います。歯茎から上部分にあるため、目ではっきりと確認でき、容易に取り除くことができます。
歯肉縁上の歯石を除去した後は、数週間おいて歯の周りの再検査を行い、歯周病の状態を確認します。軽度の歯周病の場合は、歯茎から上部分の歯石の除去と、適切なプラークコントロールで、完治することがほとんどです。

歯肉縁上の歯石を除去した後、歯の周りの再検査によって「歯肉縁下(歯茎より下部分)」の歯石がある場合は、「スケーリングおよびルートプレーニング(SRP)」を行います。
「ルートプレーニング」とは、歯茎より下部分(歯肉縁下)についた歯石や、歯根を覆うセメント質という組織に侵入した汚れなどを、専用の器具(手用スケーラー)できれいに取り除く治療のことです。炎症により歯の周りの組織が破壊されて露出したセメント質は、粗造な構造で、プラークが入り込みやすい状態です。
器具でセメント質を平らにすることで、プラークを付きにくくし、歯周病の進行を防ぎます。ルートプレーニングは、1週間に2回を目安に、数度にわけて行い、一定期間をおいてから再検査を行い、歯石や汚れの付着状態や症状の改善のチェックを行います。

お口の中には歯周病をおこす細菌類とむし歯をおこす細菌類があります。特に歯周病菌は、全身の病気を引き起こすこともあります。当院では、「歯周病菌による感染症」である歯周病を、外科治療ではなく薬で治す方法を採っています。これは「顕微鏡を使った歯周内科治療」で、誰でも簡単に、痛みも少なく完治させることができます。

位相差顕微鏡を用いて歯垢(プラーク)を検査すると、歯周病菌の様子を調べることができます。歯周病にかかっている場合は歯垢(プラーク)は歯周病菌の数が多く、活動性も高い様子が分かります。

歯石を取り除く時は、お口の中の菌が少ない状態になっているべきです。
なぜかというと、菌がたくさんいる状態で歯石を取ると、血管から菌が入り込んで、全身に回り、菌血症になる危険性があります。

カンジダ菌に対する薬はハリゾンが有効。ハリゾンを用いて丁寧に歯磨きをし、カンジダ菌の菌を少なくすれば改善していきます。

ヒノキ・アロエ・海藻・ニンジンといった天然成分エキスのみでできている強力な殺菌作用を持つ液体歯磨き剤です。天然成分だけなので仮に飲みこんだり食べたりしても問題ありません。
研磨剤は入っておらず口内の細菌を殺し、歯周病を予防し、口臭を防ぎ、歯を白くします。

お口の健康を得るためには、定期検診が必要です。口の中には歯周病をおこす細菌類と、むし歯をおこす細菌類があります。特に歯周病菌は、全身の病気を引き起こすこともあるので、その細菌を少なくしお口の健康を得るために、正しい歯ブラシを身に付けることが必要です。
なんとなく磨いていてもきれいにはなりません。なぜなら、本人の癖があるので必ず磨き残しがあり、残った歯垢はたとえ1時間磨いても残ったままなのです。効果的な歯ブラシをするために、まずは歯科医院で歯ブラシ指導を受けましょう。
ただ、一時的に上手になったとしても数ヶ月経つとまた自己流になってしまう人がほとんどです。定期的(1〜3ヶ月に1回)に通うと、そのたびに細菌の多くなっている歯垢は器具を使い、100%クリーニングをします。
一時的に細菌を無くし、その上自分自身で歯ブラシを使い歯垢をとれるようになることが重要です。定期的に通院することにより細菌の少ない口の中を保ち、むし歯と歯周病の予防をすることが大切です。

〒073-0031 北海道滝川市栄町4丁目4-22

月~土  午前 8:30~12:00
月火木金 午後 13:30~19:00
水    午後 13:30~17:00

スマートフォンサイトへ